住宅購入・保険の見直し・資産運用の不安をワンストップで相談できる専門家が皆さまをお待ちしております。

Logo

Life Planning

  • SERVICE
  • 保険DESK
  • LIFE PLANNING
  • SERVICE MENU
  • FLOW(保険DESK)
  • 取り扱い保険会社
  • NEWS
  • SHOP
  • BLOG

Contact ご相談・ご予約フォーム

万が一の時

自分が死んでしまったら、どんな影響がでるだろう?

残された方へのメッセージ

あなたの家族はあなたの死を嘆き悲しむ。
でもきっと笑っていてほしいと思うのは誰でも同じ。
そのために、どんな心強いメッセージを送りますか?

必要な死亡リスクとは

必要な死亡リスクとは、お葬式費用やお墓代などの死後の整理資金と残された遺族の生活を支える資金の2種類があります。
遺族の生活資金については、まず遺族年金でいくら保障されるのかを把握する事が必要です。国民年金、厚生年金、共済年金の種類によっても遺族年金額、支給条件、支給期間は異なります。また、生活費を考える上では、持家か否かでも必要保障額は数千万円も変わってくる場合があります。
死後の整理資金としては、火葬代・お葬式代・お墓代など平均的には300万前後は必要と言われています。
これらのリスクをカバーする保険も、一生涯ずっと保障が変わらない商品や、時の経過と共に逓減していくタイプとでは保険料は異なりますし、掛捨て型や、貯蓄型にするかによっても保険料は変わっていきます。

守るべき人へのやさしさを大事にしたい

「FIND」あなたが、家族を大事に思っているその気持ちを、
具現化できるよう必要な保障額の算出と、家計にあった保険料をご提案致します。

死亡保障保険も、保障が一定の期間で切れてしまうものと、一生涯続くものがあります。
又、万が一の時に遺族が保険金を一時金で受取るか、年金で受取るかによっても商品は変わってきます。 様々なご要望をお聞かせ頂き、ニーズに合った保険を設計してまいります。

PAGE TOP